欧州サッカーリーグ ブックメーカーはおすすめ

おすすめ

ブックメーカーは、スポーツを主に扱って結果の予想をし、当たれば配当が貰えるという賭け事になっています。扱われているスポーツの中でも欧州4大サッカーリーグは人気で、大抵のブックメーカーは取り扱っています。配当率が高いため、投資としても活用することができるでしょう。もちろん、かけなので外してしまえば収益は得ることができませんが、予想のスタイルを確立することができれば、収益を上げる事も困難ではありません。

配当率が高いという点も、他のギャンブルと比べてブックメーカーが投資に適しているポイントの一つです。日本だと公営ギャンブルがありますが、これらは3割ほどの控除率となっています。つまり、配当率は7割です。一方ブックメーカーは手数料が4パーセントほどと低いので、同じ結果を賭けた場合の理論上のリターンは大きくなります。そのため、ギャンブルとしても優秀であるので、他をやるくらいならばこちらがおすすめです。

注意点としては、やはりギャンブルである以上リスクがあり、偶然の結果に左右されるため、投資するかどうかの判断は慎重に行うべきことです。外し続けたならばそのまま無理をせずに、なぜダメだったのかをきちんと考察するなど、慎重な投資を行いましょう。

欧州サッカー ペナルティエリアの回数をブックメーカーで

ペナルティエリア

欧州サッカーの4大リーグと言えば、プレアミアリーグ・リーガエスパニョーラ・セリエA・ブンデスリーガになります。中でも、セリエAは日本人選手の活躍が見られたこともあり、イタリアで開催されるリーグとして知名度が高いものとなります。

ブックメーカーはイギリス発祥の催し物のため、欧州サッカーは最大の関心事として捉えています。それゆえ、他のスポーツベッティングと比べても熱が入り、賭けのバリエーションが豊富なのが特徴になります。本来の賭けは、勝ち負けを予想して当てるものですが、試合で起こりうる出来事すべてを賭けの対象にしています。たとえば、ペナルティエリアからゴールを狙った回数も、ブックメーカーでは賭け事として実際にお金を得る手段として扱われています。

最近では、ブックメーカーを賭け事として捉われることなく、投資の一種として楽しむ傾向があります。これは、一定数の賭けを連続的に行って利益が得られることを意味し、賭け事よりも旨味のある話として興味を抱きます。もちろん、賭けるスタイルに沿って継続的に行うことを前提としていますが、そこには特定の条件が伴うものとなります。ここで言う条件には、数件程度に定められたものが多く、要は自分なりのロジックに沿って賭けを続けることになります。